投稿日:

私は、博多でよくマンスリーマンション利用していました

ウイークリーマンションマンスリーマンションの利用者は季節に夜lても変わることをしlていますか?私は、博多でよく利用していましたが、春先になると歌舞伎が博多座で行われるので、大道具や、舞台裏関係者が、多く利用します。

もちろん探すときは口コミサイト(マンスリーマンション24)をつかいます。社会人利用なので、非常に静かに利用されています。

しかし、夏になると、地方からの若い女子が、中洲でかは?不明ですが、夜もうるさくて仕方がない。

音も洗濯も周りには関係なく、どんどん鳴らすので、あまり、よい環境ではないと思います。私は、催事物産展で、干物などを販売する行商なので、荷物も多く、匂いもするので、ホテルより、マンスリーマンションを利用することが、多かったのです。

マンスリーマンションで一つ気になることがあります。それは、毛布や布団などは、きれいですが、シーツは、交換できますが、毛布などは、そう交換できない処です。他人が使用した毛布を使いまわしで使用していると思うだけで嫌な気になります。私が神経質な性格かもしれませんが、非常に気になりますし、ホテルとは違うところです。いずれにしろ、マンスリーマンション、ウイークリーマンションは、気を使わない処が良い所です。ホテルは、使用状況など、会社で借りてもらうので、何かあれば:会社に請求が行くので慎重になりますが、その点、マンスリーマンションですと、多少の傷などもクレームで万象とはなりませんので、普通に使用できます。

床に缶ジュースを落としてもシミができたなどのクレームは来ませんので安心して利用できます。

投稿日:

ビジネスホテルとウィークリーマンションが融合した建物に3週間滞在してみた

長崎市内にウィークリー・マンスリー、どちらとしても借りることの出来るホテルがありました。そこを3週間借りたのですがそこでの暮らしについて今回はお話します。部屋は一般的なホテルなので、ダブルベッドがあり、テレビ、wifi、トイレ、風呂がついています。キッチンは同じ階に共用のIHのものがあり、簡単な調理ができるように塩・胡椒のみ設置され、IH対応の鍋もいくつか用意されていました。冷蔵庫は自分の部屋にあるので、共用のキッチンにある家電製品は電子レンジが2台ありました。清掃員が毎日入ってくれますが、生ゴミは基本的に自分で処理することになっており、綺麗に管理をしていないと注意されます。洗濯も滞在していた階ではありませんが、その下の階に設置されていました。これはもちろん別料金。正直こういう環境で暮らしてみて、自炊をしながら暮らすには結構大変だと感じました。外食が多い人にはただ寝るだけになるので問題なく暮らせますが、そこをしっかりした拠点にして家のように暮らそうと思うと大変なことはまちがいないです。そういう意味ではホテルでやっているウィークリーではなく、キッチンも部屋の中に設置されたようなところを探すのがおすすめです。